スズキGSX400F 1981年4月   エンジン:空冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒 排気量:398cc 最大出力:45ps/10000rpm 最大トルク:3.5kg-m/8500rpm 重量:175kg タイヤ:3.25-19・3.75-18 価格:\430,000       スズキ初となる400cc4気筒モデル。   さらにクラス初となる…

  • 人気ブログランキング

当時、400ccクラスのアメリカンモデルで 唯一の単気筒のパワーユニットを積んでいます。   ベースのユニットは、 輸出向けのスズキ初の 4サイクル・トレールモデルSP370。   ボアを85→88mmにワイド化(88×65.2mm)して、 圧縮比の向上を図り、更に1~2速までを変更。   オンロード向きの設定を与えています。   軽量な車体をトルクフルな力…

  • 人気ブログランキング

ヤマハがレーサーレプリカの水冷2サイクルで来るなら、 スズキは、250cc初のDOHCで応戦。   80年代初頭から、 メーカー同士のエキサイティングな戦いが始まりましたね。   それもバイクブームを盛り上げました。   さて、スズキGSX250Eは、 スタイルは上級モデルの400と同じですが、 専用設計の車体により153.7kgと軽量です。   400と同…

  • 人気ブログランキング

1978年、僕は既に成人して大学2年生になっていました。 不思議ですね、未成年の時代は、懐かしいと思うのですが、 成人になってからの時代は、なんや、ついこの間のことやん、 と思ってしまいます。   でもさすがに78年は、まだ学生だったので懐かしいかな。 これが80年代も中盤以降になると大分感覚が違ってきます。   さて、4月4日後楽園球場で5万5千人を集めて、 キャンディーズの…

  • 人気ブログランキング

スズキGS750は、 4サイクルの750ccで 先行する3社を   追走するべく開発されたマシンです。   しかもスズキとしては 初の4サイクルでした。   DOHCで先行していたのは、 カワサキZ750fourとヤマハGX750(3気筒)でした。   スズキとしては、特に革新的でもなく、 斬新なアイデアを持ちいるのではなく、 オーソドックスなレイアウトでこ…

  • 人気ブログランキング

1976年(昭和51年)12月に 前月に発表されたGS750に続いて スズキが発表した意欲作。       750と同時に開発されたGS400は、 当時400ccクラスでは、 唯一のDOHCを採用した   180度クランクのパラレルツインを搭載。 軽快でパワフルな走りで 爆発にヒットしたモデルでした。

  • 人気ブログランキング

ホンダCB750fourに   対抗するために開発された   スズキ初のナナハン。     エンジンは2ストで、   スムーズさを狙って3気筒を採用。     中央シリンダーの   冷却対策から水冷とされ、   CCIS潤滑の   中央のエキパイをエンジン下で分割した   4本出しマフラー…

  • 人気ブログランキング
カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング