スズキが世に送り出した、本格的オフロードモデル。   MXGPで活躍したワークスマシンの技術を生かし、   MXキットパーツ装着時の出力増に対応するため、   ぜいたくなほどの造り込みが施されていました。

  • 人気ブログランキング

スズキ T350は、軽快な走りで定評のあった   2ストスポーツ・T250をベースに、   エンジンのボアを7mm広げて排気量を315ccまで拡大。   パワーも33.5psまでパワーアップした上級モデルです。     スズキ T350 1970   スズキ T350 1970年 空冷2サイクル・ピストンバルブ2気筒 排気量:315cc …

  • 人気ブログランキング

ショー展示モデルと、市販モデルに仕様が異なることが、現在でも珍しくありませんが、   1968年(昭和43年)に登場したスズキT500でも見受けられました。   当時は、ニューモデルの発表は、モーターショー会場で、展示された車両と、 その後の市場に登場したものが微妙に変わっていることがよくあったようです。   いろんな理由があるのでしょうが、ユーザーとしてはあれこれ詮…

  • 人気ブログランキング

1968年(昭和43年) 僕は、小学5年生になっていました。   11歳になり、思春期に差し掛かっていました。 この頃から、人間形成がされていったように思います。   68年と言えば、メキシコオリンピックが開催され、 僕の思い出は、釜本、杉山を擁する日本はサッカーで銅メダルを取ったことです。 サッカーで銅メダルなんて、いまだと信じされないような出来事でした。   &n…

  • 人気ブログランキング

1965年(昭和40年)。 加山雄三の「君といつまでも」が大ヒット。 この頃はエレキギターブームで、団塊の世代の人達には懐かしい青春の一ページだと思います。   僕は小学校2年生でしたから、団塊の世代は高校生でしょうか、 エレキギター弾いたなって男子も多いのでは。   僕は団塊の世代に遅れること7~8年。   遅れてきた青年で、僕が高校生の頃はエレキブームも終わり、世…

  • 人気ブログランキング

スズキ M40 1963年 空冷2サイクル・単気筒 排気量:48.3cc 最大出力:6.5ps/9,000rpm 最大トルク:0.41kg-m/8,000rpm 重量:70kg 最高速:90km タイヤ:F2.00-18 R2.25-18 価格\150,000     レース参加を前提とした保安部品付きの市販ロードレーサー。 全日本モーターサイクルクラブマンレースやモトクロスで…

  • 人気ブログランキング

スズキ GT380 1972年1月発売 空冷2スト・ピストンバルブ並列3気筒 371cc 38ps/7500rpm 3.8kg-m/6500rpm 183kg 3.00-19・3.50-18 \245,000   70年代を代表する2スト・スポーツ 70年代を代表するスズキの2ストロードスポーツであるGTシリーズ。   その中核となったGT380は、大柄で堂々とした車格とどっし…

  • 人気ブログランキング
カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング