危険予知能力について

目安時間:約 2分

おはようございます、 ともやんです。   バイクに乗っていると自然と 危険予知能力が備わります。   予知能力というと特殊な能力のようですが、 つまり危険を察知するようになります。   バイクに乗るライダーは、むき身ですから、 公道上でのクルマとの接触事故は、 大ケガや不運な場合志望事故に 繋がる場合があります。   だから危険なクルマに近づかないのが、 一…

  • 人気ブログランキング

1960年からもう一度

目安時間:約 2分

こんばんは、サイト管理者のともやんです。   なんか、記事の時系列が乱れてきたので、軌道修正のため、もう一度1960年まで時計を戻してみたいと思います。   1960年は、日本のモーターサイクルのターニングポイントです。 後世に残る名車が、発売されたのです。 ホンダからは、CB72、 ヤマハからは、YDS1。 しばらくこのライバル車について追いかけていきたいと思います。 &nb…

  • 人気ブログランキング

宮田製作所 アサヒ号AA号

目安時間:約 1分

アサヒ号AA号 空冷2スト単気筒 175cc 5PS 1930年(昭和5年)   当時の価格 340円(スタンダード) 370円(スペシャル)   ミヤタのアサヒ号AA型は、初めて採算の取れる量産モデルとして発売されました。 当時の値段340円というのは、時代を感じさせますね 現代の物価だといくらなんでしょうか?   1935年4月から量産体制に入り、37年~39年に…

  • 人気ブログランキング

宮田製作所 トライアンフ型アサヒ号

目安時間:約 1分

トライアンフ型アサヒ号 宮田製作所 1913年   アサヒ号は、トライアンフをモデルにしていますが、エンジンや気化器、 そしてフレームはもちろん全て宮田製作所の内製です。   エンジンはサイドバルブ方式の450ccシングルで、最高出力は3.5馬力程度でした。   この第1号車は警視庁に納入されていますが、量産市販には至りませんでした。  

  • 人気ブログランキング

日本のバイク史 創生期   この記事からしばらく日本のバイク史における創生期(1909年~1954年)の発表されたバイクをご紹介して行きます。   20世紀の初頭、日本で初めて国産バイクが誕生しました。   それから今年で110年の年月が流れました。大げさではなく、振り返ってみますと星の数ほどのオートバイが生み出され、そして消えていきました。   まるで生物…

  • 人気ブログランキング
カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング