スペイシーシリーズのトップモデルとして、 新設計水冷エンジンを搭載。   その機動力の高さで一躍ヒットモデルとなりました。   現在の二輪の中古市場でも大型スクーターは、 もっとも台数が多く、需要も活発とのことです。   ホンダスペイシー250フリーウェイは、 その大型スクーターブームのさきがけとなったモデルでした。

  • 人気ブログランキング

XL500Sに搭載されていた空冷シングルエンジンに セルスターター追加などの改良を加え、   ダートトラッカー・スタイルの車体に搭載した、 珍しいスタイルのシングルスポーツです。     輸出用のFT500には、 アメリカの有名なダートトラックコースに由来する、 「アスコット」というペットネームが付けられていました。   ホンダFT400/500 1982の…

  • 人気ブログランキング

4サイクルGPマシン、 NR500のエンジンの半分といえるV型ツインを積んだ、 2サイクル250スポーツの対抗馬。   フロントは、インポートディスク。 1982年6月10日発売。   ヤマハRZ250に対抗するスペックを持った、 唯一の4サイクルスーパースポーツモデルでした。   DOHC・4バルブV型2気筒の水冷パワーユニット、 プロリンク・サス、フロント16イン…

  • 人気ブログランキング

1981年1月にレーガン政権誕生。   レーガンは、元映画俳優で、 バック・トゥ・ザ・フィーチャーという映画で、   主人公が、母親の青春時代のタイムトリップした時、 自分が未来からやってきた、今の大統領はレーガンだと言ったら、   なに、あの映画俳優のレーガンか? と馬鹿にされるシーンがありました。   ※レーガン像   それほど珍しいことだった…

  • 人気ブログランキング

果たしてライダーたちが、 オートバイにここまでの望んでいたかは不明ですが、 輸出用ながらホンダCX500ターボが出た時は驚きました。   縦置き水冷OHV80度Vツインという極めてユニークなメカニズムを採用。   輸出用スポーツモデルCX500をベースに、IHI製タービンを装着、 専用のカウルを装着するなど大幅なモディファイを加えた 国産量産2輪車初のターボ車でした。 &nbs…

  • 人気ブログランキング

僕が、オートバイに求めるのは、 シンプルで、扱いやすいマシンです。   そんなことから、乗り継いできたマシンは、 2サイクル、4サイクル共に単気筒か2気筒でした。   僕は、オートバイに対して感じていたのは、 移動のための手段でも、単に乗り物でもありませんでした。   自分の大切なパートナーという思いが強かったです。 だから、馬という感覚に近かったかもしれません。 &…

  • 人気ブログランキング

ホンダホークⅢは、 ホークⅡをベースに フロントブレーキをダブルディスクとし、   6段ミッション、 低いハンドルやバックステップなどを 装備したモデルでした。   1978年(昭和53年)8月23日に発売。

  • 人気ブログランキング
カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング