ヤマハSRX250は、 XT250のパワーユニットをベースに仕上げられ、 発売当初は、クラス最軽量のロードスポーツモデルでした。   ライバル車、ホンダのCBX250RS(1983年5月)、 CBX250S(1985年2月)、カワサキ250CS(1985年)といったモデルと共に、 シングルシリンダーのパワーユニットのメリットを生かし、 スリム&コンパクトで扱いやすさを狙ったマシンでした。…

  • 人気ブログランキング

XZ400(1982年)のベースモデルとして   輸出向けに生産されていましたが、   国内でも販売されたマシンです。     XZ400Dと同じくフルカウルを装備して   ツーリング志向の強いモデルでした。   ヤマハXZ550 1983 プロフィール   ヤマハXZ550 1983年   エンジン:水冷4サイクルD…

  • 人気ブログランキング

ヤマハRZ250は、 2サイクルロードスポーツの新時代を切り開いた名車ですが、 83年に初めてフルモデルチェンジしました。   定評のある水冷2ストツインエンジンは、 排気デバイスYPVSを装備した新型となり、 最高出力も8psアップ。   ワイドループフレームや リンク式モノクロサスなどにより、 車体のポテンシャルも大幅に高められました。   ヤマハRZ250R 1…

  • 人気ブログランキング

ヤマハXZ400は、ホンダのVF400F(1982年12月) よりも先にリリースされた水冷Vツインです。   DOHC-4バルブは2気筒と他の ライバルモデル達とは一線を期していました。   このモデルが出た時はほしいなと思った一台です。   しかし、いまひとつコンセプトがはっきりしないマシンで、 ユニークなパワーユニットをもちながら中途半端な仕様という印象でした。

  • 人気ブログランキング

ヤマハスポーツXZ400D 1982年8月1日 水冷4サイクルDOHCV型2気筒 398cc ボア・ストローク73mm×47.6mm 45PS/10,000rpm 3.4kg-m/9,000rpm 200kg F90/90-18 R110/90-18 最高時速155km/h 始動セル 前進5速 \570,000     XZ400をベースに、2トーンカラーとラジエターからの温風…

  • 人気ブログランキング

ヤマハFJ1200の130PSを発揮するエンジンは   FJ1100のエンジンを排気量アップしたもので、   空冷エンジンとしては当事、国産最大の排気量を持っていました。     高剛性を誇るラテラルフレーム、   空力を追及したフェアリング採用にも磨きがかかり、   超高速ツアラーとして完成度が一層強まったマシンでした。

  • 人気ブログランキング

ヤマハRZ125Sは、   吸気デバイスYEISなどの採用により   2PSアップしました。     ビキニカウルの装着と同時に   ハロゲンヘッドライトを採用し、   実用性を高めていました。     ヤマハRZ125 1983のプロフィール   ヤマハRZ125   1983年   エ…

  • 人気ブログランキング
1 2 3 7
カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング