ヤマハYC-1は、ヤマハ第1号モデルであるYA-1の排気量を拡大した上位機種として、日比谷公園で開催された第3回東京モーターショーに登場して一躍注目を集めたモデルです。   灰褐色の塗色や国産初のモノブロックキャブの採用など、優れたデザインと高度な機能の融合が、後発の二輪メーカーだったヤマハのブランドイメージを押し上げました。   ヤマハYC-1 空冷2ストピストンバルブ単気筒…

  • 人気ブログランキング

1955年(昭和30年)7月1日。日本楽器のモーターサイクル部門が独立して、「ヤマハ発動機」として新発足しました。   この日、モーターサイクル造りのために抜擢された150余名は、 誕生間もないYA-1を10日後に控えた「第3回富士登山レース」に向かって、より高性能なレーサーに仕上げるため連日に徹夜に近い状態で仕事に明け暮れていました。   そんな開発スタッフ全員に「ヤマハ発動…

  • 人気ブログランキング

60年代 日本のモーターサイクルの幕開け 日本のモーターサイクルの話が面白くなるのは、60年代からですね。 これから60年代の各メーカーの往年の名車をご紹介していきます。 ヤマハスポーツ250S/YDS1 ヤマハスポーツ250S/YDS1 空冷2ストピストンバルブ並列2気筒 排気量:246cc 最大出力:20ps/7,500rpm 最大トルク:1.9kg-m/6,000rpm 車両重量:138kg…

  • 人気ブログランキング

ヤマハYA1 ヤマハ発動機誕生1955年

目安時間:約 2分

1955年7月1日。今から62年前。 日本楽器から、モーターサイクル造りのため抜擢された150名は、10日後に控えた「第三回富士登山レース」の向けて、YA1を高性能マシンへと仕上げるためにいつもと同じ日を送っていました。   実はこの日、日本楽器からモーターサイクル部門が独立して「ヤマハ発動機」が誕生したのです。   しかもこの日は、法律上の手続きだけで、全員に知らせれたのは1…

  • 人気ブログランキング

ヤマハスポーツ650XS1 1970年2月発売 空冷4ストOHC2バルブ並列2気筒 653cc 53ps/7000rpm 5.5kg-m/6000rpm 185kg 3.50-19・4.00-18 \338,000     ヤマハ初の4サイクルエンジンを搭載。 バーチカル・ツインのSOHC・653ccは、その独特なフォルムとビートの効いた鼓動で、ヤマハファンのみならず多くのライ…

  • 人気ブログランキング

ヤマハ トレール250DT-1

目安時間:約 3分

ヤマハ トレール250DT-1 空冷2スト・ピストンバルブ単気筒 246cc 18.5ps/6000rpm 2.32kgkg-m/5000rpm 123kg 3.25-19・4.00-18 \193,000 1968年(昭和43年)     それまでのようなロードスポーツかた派生した スクランブラーとは違う、オフロードで速く走るために開発された、 近代オフロード車の原点になる名…

  • 人気ブログランキング

ホンダが1959年に発売したドリームCB72と並んで、現代まで隆盛を誇る 国産スーパースポーツバイクの方向を決定付けた歴史的な1台。   YD系のエンジンから発展した、最高出力20PSとパワフルな2ストローク並列2気筒エンジンを、近代的な鋼管クレドールフレームに搭載。 5速ミッションも採用され、ロードレースにおいても大活躍しました。   登場時にはスポーツ250Sという車名でし…

  • 人気ブログランキング
カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング