このブログでも書いていますが、 僕は、1979年にプレスライダーとして 半年ほど働いていたことがあります。 ちょうど大学3年生の後半だったと思います。   当時僕が所有していたのが、 スズキハスラーTS250でしたが、 仕事では、RD250に乗っていました。   RD250は、軽快なエンジン特性の割には、 車体が400と共通でやや大柄で重い印象がありました。   また…

  • 人気ブログランキング

1978年(昭和53年)といえば、 成田空港が開港した年です。   開港したといっても、 ようやく滑走路一本で開港にこぎつけました。   千葉県成田市三里塚に 新しい国際空港を作ることが決まってから50年以上経ち、 開港してから40年経ちました。   新東京国際空港が正式名で、 羽田空港に代わる新しい国際空港として 1966年(昭和41年)7月に 千葉県成田市三里塚へ…

  • 人気ブログランキング

1978年3月、SR400とともに発表されたのが、 ヤマハスポーツSR500。   SR500は、オフロードモデルのXT500用、 空冷シングルエンジンを、 ロード向けにリメイクして専用フレームに搭載した 国産初のビッグシングルスポーツでした。   以来、SRシリーズは 長くその姿を大きく変えることなく 連綿と生産されました。   しかし、SR500は、2000年に生…

  • 人気ブログランキング

1978年3月、以降40年近くの ロングセラーとなる伝説的なマシンが、 ヤマハから発売されました。   その時、それだけ長く愛されるマシンになるとは、 当のヤマハのスタッフさえ 思いもよらなかったことでしょう。   そうマシンの名前こそ、ヤマハスポーツSR400。   ビッグトレールXT500のOHC単気筒をロードスポーツ向けにセッティング。   ダウンチュ…

  • 人気ブログランキング

ヤマハの「ナナハン」戦略第2号がGX750。 XS~TXとヤマハは4ストモデルは、 一貫して2気筒モデルでした。   そして新しいナナハンの選択は なんと2気筒でも4気筒でもない、 DOHC3気筒という、独自なものでした。   さらに信頼性が高いシャフトドライブ。 ヤマハは、ロードモデルに初めて採用して、 メカニズムは、他のメーカーとは違う、 独自路線を追求していました。 &n…

  • 人気ブログランキング

ヤマハスポーツGX400 走り出せば青春 僕の原点

目安時間:約 3分

1978年の秋、大学2年生の僕は、 何を思ったか、自動二輪中型の免許を 取りに行きました。   教習所に通っていた頃の記憶は 全くないのですが、 その年の間に上野の中古街に行き、 一台のオートバイを購入しました。   それがヤマハスポーツGX400でした。 いきなりの400cc よく買ったものだと思います。   黒いタンクにヤマハの金色のエンブレム。 スポークホイール…

  • 人気ブログランキング

1976年のモントリオール・オリンピックの 話題をさらったのが、 ルーマニアの白い妖精こと、 ナディア・コマネチでした。     当時14歳。   段違い平行棒と平均台の演技で、 近代オリンピック史上、初めての10点満点を出しました。   そして個人総合と種目別、金メダル3個、 団体で銀メダル、 ゆかで銅メダルの合計6個のメダルをとって、 一躍世界的な人気者…

  • 人気ブログランキング
カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング