㈱宮田製作所 アサヒDC 宮田製作所 アサヒDC 200cc 空冷2サイクル単気筒 196cc 最高出力 3ps 前進3段 車重120kg 価格¥15,000   第2次大戦前に生産されていた175ccのアサヒ号AA型をベースにして、排気量をアップした戦後のモデルです。   ガーダー式フロントサスペンション、リヤリジッドという戦前タイプのフレームに、ビリアス型エンジンを積む。宮…

  • 人気ブログランキング

日本に最初に二輪車が登場してから   1898年(明治31年) 日本に最初にモーターサイクルが輸入されたのは、自動車の輸入よりも早く、1898年(明治31年)に兵庫県神戸市のアンドリウス商会です。   翌1899年には横浜市山下町の高木自転車店で二輪車を扱ったと入れています。 だから、この頃が日本で最初に二輪車が登場した時期と考えられます。   また1901年(明治3…

  • 人気ブログランキング

戦後日本のオートバイメーカーの隆盛   戦後日本のオートバイメーカーの隆盛は、オートバイが物流の復興に不可欠な輸送手段としての”道具”としての目的がはっきりしていました。   メグロをはじめとしてホンダ、トーハツ、昌和、ポインターといった著名なメーカーのみならず名も知れぬ家内工業レベルのアセンブリーメーカーまで、ほとんど実用車として開発されたものでした。   しかし、…

  • 人気ブログランキング

1950年代、日本各地にオートバイメーカー 1945年8月に日本は第二次世界大戦で敗戦国となりました。 僕は、1957年(昭和32年)生まれなので、東京オリンピックが開催された1964年以前の記憶は、非常に断片的ですが、みんな、質素でその日その日、懸命に生きていたように思います。   戦後の貧しい時代の移動や運搬の手段は、オートバイでした。 だからオートバイメーカーがたくさんあり、凌ぎを…

  • 人気ブログランキング

目黒製作所が生んで国産初の650cc   目黒製作所 メグロ セニア 1955年(昭和30年) 空冷4ストOHV2バルブ並列2気筒 651cc 29.5PS/5,200rpm 295,000円     1928年(昭和3年)にミッションのギアメーカーとして設立された目黒製作所は、1937年に日本で初めての個人用中型オートバイであるZ97型を発売、そして、国産車初の65…

  • 人気ブログランキング

メグロ500は白バイ用の大排気量車として   1950年代の目黒製作所はまだ余裕があったようで、白バイ用の大排気量車として500ccのZシリーズやKシリーズを継続して生産していました。   メグロのZシリーズは、1937年(昭和12年)に第1号車として日本で初めて個人向けとして発売された高級オートバイZ97からの伝統が受け継がれていました。   Z97という車名は、日…

  • 人気ブログランキング

メグロのベストセラーは250ccクラスのジュニア 1950年日本の250cc1号車がメグロ・ジュニアJ型 1950年(昭和25年)、日本で初の250ccJ型としてデビュー   スペックは、 4サイクルOHV直立単気筒 ボア・ストローク 70×64mm 排気量:246cc 最大出力:7ps/4000rpm 最高速度:75km/h ミッション:3速メグロGM型 車重:127kg  …

  • 人気ブログランキング
カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング