1976年の第75回芥川賞を受賞したのが、 当時、武蔵野美術大学の学生だった村上龍氏。   僕は、文芸春秋に載ったものを読んだように思います。     小説の内容は、良くわからなかったですがね。     でも、僅か5歳年上の村上氏が受賞した事は衝撃的でした。     また、この年、五木寛之氏の大河小説「青春の門」堕落編も発表され…

  • 人気ブログランキング
カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング