ヤマハXZ400は、ホンダのVF400F(1982年12月) よりも先にリリースされた水冷Vツインです。   DOHC-4バルブは2気筒と他の ライバルモデル達とは一線を期していました。   このモデルが出た時はほしいなと思った一台です。   しかし、いまひとつコンセプトがはっきりしないマシンで、 ユニークなパワーユニットをもちながら中途半端な仕様という印象でした。

  • 人気ブログランキング

4サイクルGPマシン、 NR500のエンジンの半分といえるV型ツインを積んだ、 2サイクル250スポーツの対抗馬。   フロントは、インポートディスク。 1982年6月10日発売。   ヤマハRZ250に対抗するスペックを持った、 唯一の4サイクルスーパースポーツモデルでした。   DOHC・4バルブV型2気筒の水冷パワーユニット、 プロリンク・サス、フロント16イン…

  • 人気ブログランキング

ヤマハスポーツXV750E   1982年1月   空冷4ストOHC2バルブV型2気筒 排気量748cc 最大出力:60PS/7000rpm 最大トルク:6.6kg-m/6000rpm 車両重量:224kg ダイヤ:3.25-19・120-90-18 価格:\620,000     XV1000の国内向けモデルで、 シャフトドライブ、フルカバードチェーンケー…

  • 人気ブログランキング
カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング