ヤマハRZ250は、 2サイクルロードスポーツの 新時代を切り開いた名車ですが、 83年に初めてフルモデルチェンジしました。   定評のある水冷2ストツインエンジンは、 排気デバイスYPVSを装備した新型となり、 最高出力も8psアップ。   ワイドループフレームや リンク式モノクロサスなどにより、 車体のポテンシャルも大幅に高められました。   僕は、1982年(昭…

  • 人気ブログランキング

ホンダCBX750F 空冷DOHC並列4気筒と この後現れる各メーカーの 水冷のライバルマシンに 唯一対抗するモデルでした。   なんか嬉しいですね。   ホンダスピリッツを感じるマシンです。   前回、そんなホンダの意地をもろに感じる CBR400Fを紹介したばかりですが、 続けてご案内します。   ホンダCBX750F 1983 プロフィール &nbsp…

  • 人気ブログランキング

スズキGS250FW 1983年3月 水冷4サイクルDOHC2バルブ並列4気筒 249cc 38PS/11500rpm 2.4kg-m/10500rpm 157kg 100/90-16・100/90-18 \484,000     市販250cc世界初の水冷DOHC4気筒エンジンは最高出力36PSをマーク。 まるでモーターのようになめらかにレッドゾーンまで回りました。 &nbs…

  • 人気ブログランキング

ホンダMBX50は、   トップレベルの   動力性能と   低燃費を実現した   2ストスポーツマシンです。     直径29mm正立フォークと   プロリンクサス、   アルミ製コムスターを採用していました。   ホンダMBX50のプロフィール   ホンダMBX50 1982年   水…

  • 人気ブログランキング

RG50Γは、 なんと本家RG250Γよりも 僅かに早く「ガンマ」と名付けられていた 50ccスポーツモデルです。   6速ミッション採用の 水冷エンジンに フルフローターサス、 フロント16インチホイール、 フルカウルなど、   50ccであっても ガンマの名を冠するにふさわしい 本格的なメカニズムを採用していました。

  • 人気ブログランキング

市販2輪車用としては世界初の水冷V4エンジンを搭載し、 デジタルワーニングシステムなど先進の エレクトロニクス技術を応用した装備を備えています。   ホンダの新世代V4スポーツモデルの第一弾として登場。 ただし、スーパースポーツではなく、 ソフトな乗り心地とシャフトドライブを採用したツアラー的存在。

  • 人気ブログランキング

ヤマハRZ125Sは、   吸気デバイスYEISなどの採用により   2PSアップしました。     ビキニカウルの装着と同時に   ハロゲンヘッドライトを採用し、   実用性を高めていました。     ヤマハRZ125 1983のプロフィール   ヤマハRZ125   1983年   エ…

  • 人気ブログランキング
カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング