1977年にCB400FOURが姿を消して以来、 400cc4気筒を望む声は根強くありました。 そのニーズに応えたのがZ400FXでした。   直線基調の大柄なボディに クラス唯一のDOHCマルチの搭載で 空前のヒットモデルとなったのです。   43psを発揮するエンジン特性は、 素直なハンドリング特性との相性も良く、 市街地からワインディングまで走りを楽しめました。

  • 人気ブログランキング

ヤマハの「ナナハン」戦略第2号がGX750。 XS~TXとヤマハは4ストモデルは、 一貫して2気筒モデルでした。   そして新しいナナハンの選択は なんと2気筒でも4気筒でもない、 DOHC3気筒という、独自なものでした。   さらに信頼性が高いシャフトドライブ。 ヤマハは、ロードモデルに初めて採用して、 メカニズムは、他のメーカーとは違う、 独自路線を追求していました。 &n…

  • 人気ブログランキング

スズキGS750は、 4サイクルの750ccで 先行する3社を   追走するべく開発されたマシンです。   しかもスズキとしては 初の4サイクルでした。   DOHCで先行していたのは、 カワサキZ750fourとヤマハGX750(3気筒)でした。   スズキとしては、特に革新的でもなく、 斬新なアイデアを持ちいるのではなく、 オーソドックスなレイアウトでこ…

  • 人気ブログランキング

僕は、ヤマハというメーカーが好きで、 乗り継いだマシンは、ヤマハが多かったです。   GX400、RD250、RZ250、SRX400と乗り継ぎました。   当時のヤマハは、2サイクルと 単気筒、2気筒にこだわりと プライドを持ていたように思います。   今日ご案内する TX650も僕が憧れたマシンの一台でした。   残念ながら、免許の関係で乗れませんでした…

  • 人気ブログランキング

1965年(昭和40年)当時、小学2年生だった僕が良く見ていたTV番組が、オバケのQ太郎とジャングル大帝です。   ジャングル大帝を見て、なんで肉食動物と草食動物が共存できるんだと不思議に思った記憶があります。   レコード大賞は、美空ひばりの”柔”で、加山雄三の”君といつまでも”がヒットした年でもあります。   美空ひばりは亡くなって30年近く経ちますが、同い年の加…

  • 人気ブログランキング

カワサキ750RS Z2 1973 ナナハンの代名詞

目安時間:約 3分

カワサキ750RS Z2   1973年3月発売 空冷4ストDOHC2バブル並列4気筒 746cc 69ps/9000rpm 5.9kg-m/7500rpm 230kg 3.25-19・4.00-18 \418,000     排気量自主規制のため、日本では販売できなかったZ1の国内仕様。 Z1の国内版として1973年3月1日に発売されたモデルです。 型式名Z2から“…

  • 人気ブログランキング

ホンダ ドリームCB450 1965年4月発売 空冷4ストDOHC2バルブ並列2気筒 444cc 43ps/8500rpm 3.82kg-m/7250rpm 187kg 3.25-18・3.50-18 \268,000       当時スポーツバイクの最高峰だった650ccクラスの英国車に対抗すべく開発されたマシンです。 エンジンの排気量は450ccと小さかったですが…

  • 人気ブログランキング
カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング