CB250RS/RS-Z(1980~1981年)の   人気を超えたVT250Fの登場で、   単気筒の支持や人気も消えかかったようにも思えました。     しかし、単気筒はモーターサイクルの基本です。   ヤマハからもSRX250が発売されました。   根強い単気筒ファンに応えたマシンです。   ホンダCBX250RS 198…

  • 人気ブログランキング

ヤマハSRX250は、 XT250のパワーユニットをベースに仕上げられ、 発売当初は、クラス最軽量のロードスポーツモデルでした。   ライバル車、ホンダのCBX250RS(1983年5月)、 CBX250S(1985年2月)、カワサキ250CS(1985年)といったモデルと共に、 シングルシリンダーのパワーユニットのメリットを生かし、 スリム&コンパクトで扱いやすさを狙ったマシンでした。…

  • 人気ブログランキング

XZ400(1982年)のベースモデルとして   輸出向けに生産されていましたが、   国内でも販売されたマシンです。     XZ400Dと同じくフルカウルを装備して   ツーリング志向の強いモデルでした。   ヤマハXZ550 1983 プロフィール   ヤマハXZ550 1983年   エンジン:水冷4サイクルD…

  • 人気ブログランキング

スズキGS250FW 1983年3月 水冷4サイクルDOHC2バルブ並列4気筒 249cc 38PS/11500rpm 2.4kg-m/10500rpm 157kg 100/90-16・100/90-18 \484,000     市販250cc世界初の水冷DOHC4気筒エンジンは最高出力36PSをマーク。 まるでモーターのようになめらかにレッドゾーンまで回りました。 &nbs…

  • 人気ブログランキング

1977年にCB400FOURが姿を消して以来、 400cc4気筒を望む声は根強くありました。 そのニーズに応えたのがZ400FXでした。   直線基調の大柄なボディに クラス唯一のDOHCマルチの搭載で 空前のヒットモデルとなったのです。   43psを発揮するエンジン特性は、 素直なハンドリング特性との相性も良く、 市街地からワインディングまで走りを楽しめました。

  • 人気ブログランキング

ヤマハの「ナナハン」戦略第2号がGX750。 XS~TXとヤマハは4ストモデルは、 一貫して2気筒モデルでした。   そして新しいナナハンの選択は なんと2気筒でも4気筒でもない、 DOHC3気筒という、独自なものでした。   さらに信頼性が高いシャフトドライブ。 ヤマハは、ロードモデルに初めて採用して、 メカニズムは、他のメーカーとは違う、 独自路線を追求していました。 &n…

  • 人気ブログランキング

スズキGS750は、 4サイクルの750ccで 先行する3社を   追走するべく開発されたマシンです。   しかもスズキとしては 初の4サイクルでした。   DOHCで先行していたのは、 カワサキZ750fourとヤマハGX750(3気筒)でした。   スズキとしては、特に革新的でもなく、 斬新なアイデアを持ちいるのではなく、 オーソドックスなレイアウトでこ…

  • 人気ブログランキング
カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング