スズキGSX-Rは、 単体重量7.6kgという 驚異的な軽さを誇る アルムフレームMR-ALBOXに、   フリクションロスの低減や 吸排気バルブの大径化と 徹底的なチューンアップを施した   インライン4エンジンを搭載しながら、 車重152kgと250クラス並みの コンパクトなボディを実現しました。   スズキGSX-R 1984 プロフィール   スズキ…

  • 人気ブログランキング

ヤマハRZ250は、 2サイクルロードスポーツの新時代を切り開いた名車ですが、 83年に初めてフルモデルチェンジしました。   定評のある水冷2ストツインエンジンは、 排気デバイスYPVSを装備した新型となり、 最高出力も8psアップ。   ワイドループフレームや リンク式モノクロサスなどにより、 車体のポテンシャルも大幅に高められました。   ヤマハRZ250R 1…

  • 人気ブログランキング

ホンダCBX750F 空冷DOHC並列4気筒と この後現れる各メーカーの 水冷のライバルマシンに 唯一対抗するモデルでした。   なんか嬉しいですね。   ホンダスピリッツを感じるマシンです。   前回、そんなホンダの意地をもろに感じる CBR400Fを紹介したばかりですが、 続けてご案内します。   ホンダCBX750F 1983 プロフィール &nbsp…

  • 人気ブログランキング

ホンダCBR400F 1983 プロフィール   ホンダCBR400F 1983年 エンジン:空冷4サイクルDOHC4気筒 排気量:399cc ボア&ストローク:55×42mm 圧縮比:9.6 最高出力:58PS/12,300rpm 最大トルク:3.60kg-m/11,000rpm 車両重量:176kg タイヤ:F100/90-16 R100/90-18 価格:\539,000 …

  • 人気ブログランキング

カワサキGPZ400Fは、 空冷DOHC-2バルブ並列4気筒という   ベーシックなパワーユニットで、   水冷時代にチャレンジした   ※画像はイメージです   カワサキスピリッツを   ひしひしと感じさせるモデルでした。 カワサキGPZ400F 1983 プロフィール   カワサキGPZ400F 1983年   エンジン:空…

  • 人気ブログランキング

ヤマハXZ400は、ホンダのVF400F(1982年12月) よりも先にリリースされた水冷Vツインです。   DOHC-4バルブは2気筒と他の ライバルモデル達とは一線を期していました。   このモデルが出た時はほしいなと思った一台です。   しかし、いまひとつコンセプトがはっきりしないマシンで、 ユニークなパワーユニットをもちながら中途半端な仕様という印象でした。

  • 人気ブログランキング




1 2 3 32
カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング