TZR250は、 全くのニューコンセプトモデルとした デビューしたマシンです。   スズキRG250Γが、 火種となったクォーターレプリカに対抗し、 カワサキのKR250R(1984年4月)、 ホンダNS250R(1984年4月)がデビュー。   ヤマハは、当初RZ250Rにフルカウルを 装備したRZ250RR(1984年5月)で対抗します。   しかし、レーサー・レ…

  • 人気ブログランキング

1984年には”ホライゾン”を   発表したCBX系に、   85年には”ボルドール”が   新しくランナップされました。     3ピース構造の   フルカウルを持つ   ツアラーとして、     ベンチレーターや   キー付きのポケット等を備え、   軽快性と利便性を兼ね備えた &nb…

  • 人気ブログランキング

カワサキCS250のCSは カジュアル・スポーツの略。   カワサキとしては数少ない 4サイクル単気筒モデルです。   過去を遡ってみると カワサキ250メグロSGT(1964年)に始まり、 Z200(1977年)、 Z250FS(1982年)と 数えきれるだけモデルしかありませんでした。   カワサキ自体が、このパワーユニットに関して、 あまり積極的でなかったともい…

  • 人気ブログランキング

スズキというメーカーは、 目立たないけど底力を感じさせるメーカーです。   だから僕は好きで、 いままでハスラーTS250やRG250Γを乗ってきました。   そのスズキは125ccクラスにおいても、 非常に優れたマシンを生み出してきました。   T125ウルフ(1968年10月)→T125(1967年6月) →GT125(1974年1月)→RG125(1978年6月…

  • 人気ブログランキング

ヤマハRZ125は、1982年5月に発売以来、   プロダクションレースでも大活躍するモデルでした。     デビュー翌年の1984年には   サーモスタット付きのRZ125Sに名称を改められ、   ミニカウルを装備するなどスタイル面でもイメージをアップさせました。   ’85年は、車体各部に大幅な改良が実施され、 性能の強化と商品力の向…

  • 人気ブログランキング

ホンダは、   1985年、400ccクラスで初めて、   シングル・スポーツモデルを発表しました。     これは’83年12月にGB250clubmanの   人気に煽られてでした。     XR500R(1983年)のパワーユニットを   ロードモデル用にセッティングを変更し、     198…

  • 人気ブログランキング




1 2 3 33
カテゴリー
最近の投稿
タグ
ぶろぐ村

ブログランキング