スズキGSX400FSインパルス   1982年6月   空冷4サイクルDOHC4バルブ並列4気筒 排気量:399cc 最高出力:48PS/10500rpm 最大トルク:3.5kg-m/8500rpm 車両重量:171kg タイヤ:F3.25-19 R3.75-18 価格:\528,000     GSX400F-Ⅱをベースに、ヨシムラと共同開発した4in1…

  • 人気ブログランキング

Vツインをダイヤモンドフレームに搭載し、 モノクロスサス、メンテナスフリーのチェーンなど、   新機構を採用したモデルです。       XV1000TR1は輸出車でしたが、   国内では、XV750Eと   アメリカンタイプのXV750specialが発売されました。     ヤマハ発動機 XV1000TR1 198…

  • 人気ブログランキング

他社の400ccマルチ車のライバルが出揃ったところで、 Z400FXを打ち切り満を持して登場したマシンです。   当時のライバル車は、ヤマハXJ400、スズキGSX400F、ホンダCBX400Fでした。       そのデビューは、リアにはフォローティングタイプの ユニトラック・サス(減衰4段/プリロードは無段に調整可能)を   採用してフレキシブ…

  • 人気ブログランキング

4サイクルGPマシン、 NR500のエンジンの半分といえるV型ツインを積んだ、 2サイクル250スポーツの対抗馬。   フロントは、インポートディスク。 1982年6月10日発売。   ヤマハRZ250に対抗するスペックを持った、 唯一の4サイクルスーパースポーツモデルでした。   DOHC・4バルブV型2気筒の水冷パワーユニット、 プロリンク・サス、フロント16イン…

  • 人気ブログランキング

ヤマハスポーツXV750E   1982年1月   空冷4ストOHC2バルブV型2気筒 排気量748cc 最大出力:60PS/7000rpm 最大トルク:6.6kg-m/6000rpm 車両重量:224kg ダイヤ:3.25-19・120-90-18 価格:\620,000     XV1000の国内向けモデルで、 シャフトドライブ、フルカバードチェーンケー…

  • 人気ブログランキング

1981年1月にレーガン政権誕生。   レーガンは、元映画俳優で、 バック・トゥ・ザ・フィーチャーという映画で、   主人公が、母親の青春時代のタイムトリップした時、 自分が未来からやってきた、今の大統領はレーガンだと言ったら、   なに、あの映画俳優のレーガンか? と馬鹿にされるシーンがありました。   ※レーガン像   それほど珍しいことだった…

  • 人気ブログランキング




1 2 3 29
カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング