カワサキ初の250cc・2ストロークオフロードモデル。 1970年6月にデビュー。     カワサキ 250TR 1970   カワサキ 250TR 1970年 空冷2サイクル・ロータリディスクバルブ単気筒 排気量:246cc 最大出力:23.5ps/6,800rpm 最大トルク:2.64kg-m/6,000rpm 重量:123kg 最高速:130km 0-400:-…

  • 人気ブログランキング

スズキ T350は、軽快な走りで定評のあった   2ストスポーツ・T250をベースに、   エンジンのボアを7mm広げて排気量を315ccまで拡大。   パワーも33.5psまでパワーアップした上級モデルです。     スズキ T350 1970   スズキ T350 1970年 空冷2サイクル・ピストンバルブ2気筒 排気量:315cc …

  • 人気ブログランキング

僕は20代の時は、2ストロークモデル(以下2スト)を乗り継ぎました。   プレスライダーをしていた頃は、ヤマハRD250、 それからスズキ・ハスラーTS250、 そして就職が決まってヤマハRZ250、次がRG250Γと 250ccクラスを乗り継ぎました。   2ストの魅了はその胸のすく加速感と アイドリング時のパカッパカッというやや不規則な排気音でした。   残念なが…

  • 人気ブログランキング

ショー展示モデルと、市販モデルに仕様が異なることが、現在でも珍しくありませんが、   1968年(昭和43年)に登場したスズキT500でも見受けられました。   当時は、ニューモデルの発表は、モーターショー会場で、展示された車両と、 その後の市場に登場したものが微妙に変わっていることがよくあったようです。   いろんな理由があるのでしょうが、ユーザーとしてはあれこれ詮…

  • 人気ブログランキング

1969年(昭和44年)ホンダとカワサキから、 世界をあっと言わせるマシンが登場しました。   4サイクル4気筒750ccのホンダドリームCB750Fourと 2サイクル3気筒500ccのカワサキ500SSマッハⅢです。   共に0-400m、12.4秒、最高速200km/hを誇り、 世界で最も速い量産車を目指していました。   この頃、消費生活の水準は上昇し、カラー…

  • 人気ブログランキング

1950年から60年に掛けて、   世界最高のオートバイと言えば、   トライアンフやノートンなどイギリスのメーカーによる   650cc前後の空冷並列2気筒エンジンを搭載したモデルでした。     ホンダは、60年代に世界GPでその名を轟かせていました。   次のホンダは市販車でも世界最速を目標にします。     そ…

  • 人気ブログランキング




カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング