ホンダ・ベンリィCB92、北野元で快挙

目安時間:約 3分

ホンダのベンリィという名称は、125cc以下のモデルに使われていた名称で、ドリームがスポーツ車というイメージに対して語源が“便利”から来ていることから、主に実用車のイメージです。   しかし、ホンダはこのクラスで凄いモデルを世に出しました。 1958年(昭和33年)7月に世界でも例のない125ccクラスで4ストOHC2気筒を作り上げたてC90として売り出したのです。   そして…

  • 人気ブログランキング

ヤマハYD-1、プレスリー人気上昇

目安時間:約 2分

ヤマハ初の2気筒エンジンを搭載して、スポーティーなイメージを強く印象付けたモデルです。 開発は、エンジニアリングの詰めよりもデザインが先行して進められ、 原寸図、縮図からプロトタイプを造り、大きな修正もなく、 そのまま生産車に移行するという異例ともいえる経過をたどりました。 そのデザインは衝撃的で、どんな状態に置かれても躍動感みなぎらせるスタイルは、 “ダイナミック・デザイン”の傑作としての評価を…

  • 人気ブログランキング

ヤマハYC-1、プレスリーが全米1位に

目安時間:約 2分

ヤマハYC-1は、YA-1に続くヤマハ第2号モデルです。 1956年(昭和31年)4月20日から29日の10日間、日比谷公園で、 開催された第3回東京モーターショーに登場して一躍注目されたモデルです。   YC-1は、1号モデルのYA-1の排気量を拡大した上位モデルでした。 灰褐色の塗色や国産初のモノブロックキャブの採用など、優れたデザインと高度な機能の融合でヤマハのブランドイメージを押…

  • 人気ブログランキング

1955年(昭和30年)7月10日に、日本レース界の創設期ともいわれる第3回富士登山レースが開催されました。   富士宮市の浅間神社から富士2合目まで、24.2kmを各車1分おきにスタートしてタイムを競うレースでした。   これに出場したのが発売されたばかりドリームSAとSBでした。 ホンダ初のチェーン駆動OHCエンジン246ccで10.5ps/5500rpm、 ミッション4速…

  • 人気ブログランキング

ヤマハYA-1とジェームズ・ディーン

目安時間:約 3分

ヤマハYA-1は、DKW(ドイツの歴史的メーカー)のRT125を参考に、本家を超えるべくスペックを与えられたモデルです。   当時の125クラスでは唯一の4段ミッションを搭載して1954年秋に発売され、翌55年2月に市販開始。   同年7月の第3回富士登山レース125部門では優勝を含む上位10車中7車を占め、11月の第1回浅間高原レースでは1~4位を独占。 衝撃的なデビューを飾…

  • 人気ブログランキング

ホンダA号 1947年(昭和22年)

目安時間:約 2分

ホンダA号 1947年(昭和22年) 空冷2ストロータリーバルブ単気筒 50cc 1.0PS/5,000rpm \16,000(エンジン単体)   A号は、1946年に本田宗一郎により創立されたホンダによる最初の原動機付自転車です。 当初は陸軍の払い下げエンジンを使用していましたが、その在庫がなくなって以降は、自社生産のエンジンが搭載されました。   画像は、フレームなどが刷新…

  • 人気ブログランキング




カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング