ホンダドリームC70     空冷4サイクルOHC2気筒 排気量:247cc 最大出力:18.0ps/7,400rpm 最大トルク:1.8kg-m/6,000rpm 車両重量:138kg 最高速度:130km/h 価格:\169,000 発売:1957年   2サイクルに対抗したOHCツイン ドリームC70は、1957年(昭和32年)10月1日ホンダの野心作として 発…

  • 人気ブログランキング

カワサキ250メグロSGT 空冷4サイクルOHV単気筒 排気量:248cc 最大出力:18.0ps/7,000rpm 最大トルク:2.0kg-m/5,500rpm 車両重量:160kg 最高速度:130km/h 価格:\185,000 発売:1964年     1960年11月、川崎航空機はモーターサイクル界の老舗、メグロ号製造元の目黒製作所と業務提携し、カワサキとメグロがカワ…

  • 人気ブログランキング

メイハツからカワサキへ カワサキ125B7

目安時間:約 2分

カワサキ125B7 空冷2スト単気筒 排気量:123.5cc 最大出力:8.0ps/6,500rpm 最大トルク:0.9kg-m/5,000rpm 車両重量:116kg 最高速度:100km/h 価格:\130,000 発売:1961年   メイハツ・ニューエースをカワサキ流に深いフェンダーや8.5Lから10L入りタンクにしたモデルで、スタイル面を川崎航空機で行ったモデルです。 &nbs…

  • 人気ブログランキング

カワサキのスタートの年1960年

目安時間:約 2分

1960年は、”カワサキ”ブランドの記念すべきスタートの年でした。 川崎航空機を製作する川崎産業を母体として、バイク用エンジンを手掛けたのは1949年頃、初の量産型KE-1エンジンの完成は1952年の事でした。   川崎航空機は、大正8年から航空機を手掛け、BMWエンジンの国産化などにも従事した経歴を持つだけに仕上げや加工精度は群を抜いていました。   カワサキニューエース12…

  • 人気ブログランキング

スズキスポーツS31は、バックボーンフレームのスポーツ50M12や スポーツ80K11と同シリーズの125ccモデルです。   2サイクルツインの軽快性を生かし、ベースとなった実用車S30のエンジンに2キャブを装着。   出力的には1psのアップだけですが、フィーリングはスポーツ性を十分満たすものでした。   スズキスポーツS31 空冷2スト2気筒 排気量:124cc…

  • 人気ブログランキング

スズキコレダ125SL 実用車を調節した能力

目安時間:約 2分

スズキは、125ccクラスに2サイクル・ツインのユニットとシングルのユニットを持っていました。   スズキの自慢は、プレスフレームの軽量化なんですね。 他メーカーのモデルに比べ7kg前後の軽さを誇っていました。   スズキコレダ125SL 空冷2スト単気筒 排気量:124cc 最大出力:8.0ps/6,000rpm 最大トルク:1.10kg-m/4,000rpm 車両重量:11…

  • 人気ブログランキング




カテゴリー
最近の投稿
タグ
リンク集
ぶろぐ村

ブログランキング